カテゴリー:犬と人との共存

ペット先進国より学ぶ犬と人との理想の関係。

カテゴリー/ 犬と人との共存 |投稿者/ ワンコメイト
2018年06月22日

ワンコメイトのトップページの中で、ペット先進国の情報も流していきますと書きながら、なかなかそのテーマで文章が書けていませんでした。

今回は、ペット先進国として名高いアメリカのお話をさせていただきます。

以前、私の尊敬する画家の先生が

「人が勉強する理由は、より人生を楽しむためである。」

と言っていました。

例えば、絵を学べば、美術館で名画を見たときに感動が倍増する、というものです。

これをペットライフに当てはめるならば、

先進国より犬の事を学ぶことは、より犬との生活が楽しめるようになる、と言うことだと思います。

では、さっそく本題に参りましょう。

 

プロフェッショナルの繋がりがすごいアメリカのペット事情


 

日本では、犬を飼ったあと独学でしつけをすることが多いのでしつけに失敗して問題行動が絶えない何てこともよくあります。

しかし、アメリカでは犬と人との生活において、飼い主がしっかりした知識を持ってしつけも行っているため、問題なく犬と人との共存が可能になっています。

何故、そのように飼い主が正しい知識を持てるのか?

 

 

ヒューマン・アニマルボンド


 

アメリカでは、日本と違い、ペットと、それを取り囲む人々と専門家とのコミュニティが一体化しています。

例えば、ブリーダー、パピートレーナー、ペットショップ店員、ペット用品メーカー、全てが一体となって人間とペットの理想的な関係を築いています。

これを、ヒューマンアニマルボンドと呼びます。

一連の流れで説明しますと、

仔犬を送り出すブリーダーが、新しい仔犬のオーナーに、

「予防接種のあとはパピートレーニングへ通いましょう。」

とアドバイスします。

パピートレーニングのトレーナーは、
仔犬のしつけのために必要なおもちゃや道具を買うことを勧めてくれます。

その助言をもとに訪れた先のペットショップ店員は、

飼い主の犬にふさわしい用具を説明してくれます。

つまりは、それぞれの分野での連携ができていることによって、アメリカは理想的なペット社会が出来上がっているのだ!

これだけしっかりとしている背景に、アメリカは日本と違って訴訟大国という所も関係するようです。

隣の犬に噛まれた!ともなると、すぐに事態は訴訟となることも珍しくありません。

アメリカにとって犬のしつけをしっかりとすることは、自分の身を守ることにも繋がるのです。

ヨーロッパでは、ノーリードで犬を散歩できる国もあります。

それでも犬達はしっかりとしつけが行き届いており、迷惑をかけることはありません。

アメリカもヨーロッパもそれだけ犬のしつけにはしっかりと力を注いでいるのです。

 

 

アニマルポリスの存在


もちろん、そんなアメリカのペット社会でも問題は発生する。

捨て犬だって、動物虐待だって存在する。

ペット先進国の凄さは、それらの問題を解決するための公的システムが整っているところが素晴らしいのだ!

アメリカには、SPCA(動物虐待防止協会)が存在する。

このSPCAは、日本の保健所とは違い、行き場のない犬猫を新しい家族が見つかるまで健康管理を行い面倒を見るのだ!

いわゆる「処分」となるペットが存在しないのが凄い。

また、飼い主による飼育放棄や、動物虐待に対しても、SPCAで組織する(アニマルポリス)が大活躍している!

通報に応じてサイレンをならし現場に急行する。虐待を防ぎ、マナーの悪いオーナーには指導も行う。

 

虐待について!


日本でもアニマルポリスを設置しようと言う動きが高まってきている!

都内でもボランティア団体が声をあげてこの運動に取り組んでいます。

そして、動物虐待について罰則をもっと厳しくすべきだとの声も上がっている。

こういった犯罪は悲しいことにどうしても繰り返してしまうからだ!

私は動物虐待の動画や映像を見ることができない。

悲しくてしょうがないからだ。

文章で読むだけでも辛い!

なぜ虐待ができるのか理解できない!

先進国をならってペットの理想的な関係を築くことも大切ですが、

何よりアニマルポリスを設置して、虐待を未然に防ぐことが急務だと思われます。

 

 

「感情的に怒る」事で壊れる犬との信頼関係。

カテゴリー/ 犬と人との共存 |投稿者/ ワンコメイト
2018年04月26日

今はだいぶ、

 

 

「しつけ」=「厳しくする」

 

という考え方は変わってきているようですが、依然、犬は上下関係の生き物と認識している人や、そういったしつけ本の影響で子犬のうちに厳しくしつけてしまい、

 

犬が人間不信になり、

 

 

犬と人との信頼関係が築けないケースが見られます。

 

 

あなたは、子犬が言うことを聞かないからと次のような事をしていませんか?

 

・子犬をたたいてしつける。

 

・感情的に叱る。

 

・情報に流され、様々なしつけを多用する。

 

 

これらの行為は、しつけがうまくいくどころか、ますます逆効果で、犬の問題行動を助長してしまいます。

 

子犬のしつけで一番大事なことは、まず、子犬の立場になって考えることです。

 

 

本来、子犬には母犬がいるわけです。

 

母犬から離れ、あなたのもとへやって来た子犬にとって、あなたは母犬の存在でなくてはいけません。

 

そして、あなたも自分の子供を育てる気持ちで子犬とのスキンシップをはからなければいけません。

 

もし、自分の子供に、たたいたり、感情的に怒ったり、情報に流されて様々なしつけを多用すれば、子供がどう思うか考えてみてください。

 

 

 

 

 

決して、いいしつけができているとは言えませんよね。

 

子育てには根気がいります。

 

それは子犬だって同じことです。

 

子犬は、感情的になって厳しくしつけをされると、ビクビクした人間を怖がった犬へと成長してしまいます。

 

 

子犬が噛んだり、暴れたりしたら、決して感情的にならずに、毅然とした態度で無視したり、ダメだと教える必要があります。

 

犬は、良いことを繰り返し行う習性があるので、

 

悪いことをやめたなら、手からフードを与えることで少しずつ問題行動が減っていくはずです。

 

犬と共に生きると言うことは、手間隙のかかることもあります。

 

しかし、

 

その分、癒しや愛情をもらっているのです。

 

だからこそ、犬と生きることは幸せなのです。

 

 

私は、犬の画家として、よく愛犬家と話をする機会があるのですが、皆様本当に犬のお陰で幸せになったと言われます。

 

心理学的にも、相手と接する回数が多いほどより親密になれるそうです。

 

まさに、犬はコンパニオン・アニマルとして最高のパートナーなのです。

 

皆様、どうか愛を与えられていることを忘れずに、根気よく子供に接するようにしつけや面倒を見てあげてくださいね。

 

 

 

 

犬と人との幸せな共存に向けて。

カテゴリー/ 犬と人との共存 |投稿者/ ワンコメイト
2018年04月08日

どうも、犬の画家すなおです。

犬を描くことに幸せを感じる毎日を過ごしています。

 

さて、今回はワンコメイトの理念でもあります「犬と人との幸せな共存」を実現させるためにどのような事をしていけばいいのか?私は以下の3つの事を常に心掛けて実践しています。

 

 

犬と人との幸せな共存を実現するために


 

1、いつでも自分の考えを伝えられるように1分で説明できる自己紹介と理念を丸暗記しておく。

 

2、まわりに何度も何度も情熱を込めて話をする。

 

3、常に学ぶ姿勢を持ち、知識をインプットしておく。

 

 

1、についてですが、これは、いつどこで自分の将来の夢や希望に共感してくれる方が現れるかわかりません。自分がどんなに立派な理想を持っていても、それを伝える言葉がなければ相手に伝わりません。必要な事を丸暗記しておけば、いざというときに慌てずに伝えたいことを伝える事ができます。

 

例えば、私の場合だったら、詳しくはサイトのトップページに書いてるので省きますが、なぜ犬の画家になったのか?

どのような思いで犬の絵を描いているのか?将来はどうなりたいのか?をすぐ言えるように暗記しています。

 

実はこれ、海外では結構常識的なことで、向こうの方は自己主張とかがとてもハッキリしています。日本人はよく言えば奥ゆかしいのですが、悪く言えば主張が足りないところがあると思うのです。

 

絵の世界1つとっても、日本人は絵を見て感じてほしい的な感じで作品の詳細を語らない事がありますが、オーストラリアやニューヨークでは小さな子供でさえ作品に一つ一つ思いや主張が書かれています。

 

告白やプロポーズだって言わなければいつまでたっても叶わないのとおんなじです。

 

自分がやりたい理想や希望は、口に出さないと叶わないはずだと思いませんか?

 

2、について、何度も情熱を込めて話をするのは、1の延長です。部屋の中で1人黙って椅子に座っていたらある日、犬と人との幸せな共存が訪れた‼何てことには絶対にならないですよね。

 

また、人は1度や2度話を聞いたくらいでは心を動かしてくれません。

何度も何度も話をするのは、人に思いを伝えるのと同時に自分に言い聞かせてモチベーションを高める効果もあるのでおすすめです。

 

3、知識のインプットについて。犬の社会問題の現実や、ペットロスのカウンセリングの知識など、常に新しい情報にアンテナを張っておけば、自然とそういう情報が集まってきます。

その知識によって自分が将来どのように動けばいいのか未来を予測することができます。

 

また、しつけの事や、ペットフードなど幅広く勉強することで、愛犬家の悩み相談を受けたり、解決策を提案したりと役に立つ自分に成長することができます。

 

すなおは、犬と人との理想社会を目指してこの3つの事を心掛けて実践しています。

 

 

 
Top