ペットロス|愛犬を失った仲間にかける言葉事例。病死、変死、事故死など。

カテゴリー/ ペットロス |投稿者/ ワンコメイト
2018年10月31日

ペットロスの仲間を救う


犬の肖像画の仕事の中で、亡くなったワンちゃんの肖像画の依頼を多く受けてきました。

そんな中で、ペットロスに関する相談も多く、いつの間にか画業とは別にペットロス相談をうけるようになりました。

 

数々の相談を受ける中で、ペットロスの方の心を実際に救うのは、難しい心理学の専門用語や、カウンセリングではなく、相手を真から思いやる優しい言葉であることが経験の中からわかってきました。

世の中にはたくさんのペットロスで苦しんでいる方が存在します。

ブログを通して、そうった苦しんでいる愛犬仲間を救うお手伝いができればと思い、毎回記事にしています。

今回は、自分自身ではなく、友人や家族など第三者がペットロスで苦しんでいる場合にどのように言葉をかければよいのかを経験を踏まえて皆様に紹介します。

※ペットロスは非常に繊細なケースもある為、すべてにおいて当てはまるわけではありません。

完全な正解はありませんが、参考になればと思っています。

 

病死で愛犬を亡くした方へかける言葉


昨今、専門医や診療科の多様化によって獣医療が進化したこともあり、犬も寿命を全うできるようになってきました。

しかし、

生きている以上、病気になることもあり、場合によっては治らないケースも出てきます。

そんな病気で愛犬を亡くした犬仲間にはどのような言葉をかけてあげればよいのでしょうか?

 

・まず、相手の話をしっかりと聞いて受け止めます

ペットロスで苦しんでいる方へこちらの主観で一方的に話すのは避けたいところです。

まずは相手の苦しみを受け止めて、細かい状況をしっかりと共有しましょう。

 

具体例

どのようなご病気だったのですか?

心臓を患ってらっしゃったのですね。

苦しかったでしょうね

 

 

・どのような事が後悔なのか具体的に聞き出す。

ある程度話を聞いた後は、その中でも一番どのような事が後悔だったのかを具体的に聞き出して、苦しみへの解決の道を見出します。

ここでポイントなのは、愛犬を失って苦しんでいる人は、大きな後悔に対して小さな派生的な事柄もすべてマイナスに考えてしまうようになり、自分でも何が一番後悔だったかわからなくなっている事があります。

なので、ここの一番大きな後悔を導きだすことは、相手の心を軽くするために本当に重要となってきます。絶対にこの人を元気にしてあげたい、という気持ちで話を聞き出しましょう。

 

具体例

辛かったですね。

〇〇も辛かったことでしょう、

☐☐も辛かったですね。

特に辛かったのは△△ではないでしょうか?

※こちらで一番つらかったことを特定すると、違う場合は相手が一番後悔していることを話しやすくなります。

 

 

 

・導きだされた後悔に対して、プラスの言葉を返す。

 

大きな後悔の問題点を聞き出せたなら、今度はそのことに対して決して否定せずにプラスの返答を返します。

ひとは、自分が苦しくて心を閉ざしているときにいくら正論を唱えても、それは言葉の剣にしかならず、かえって傷をつけてしまいます。

まずは、相手の気持ちを肯定し、温かい言葉をかけて対応いたしましょう。

 

具体例

 

そうですか。

最後に看取りができなかったことが一番辛かったのですね。

その場に居合わせられなかったのは残念ですが、

きっと、〇〇ちゃんは幸せだったと思います。

一緒に過ごした日々を思い出しいてみてください。

〇〇ちゃんは悲しい顔をしていますでしょうか?

きっと笑顔のことと思います。

 

※ペットロスは、愛犬が自分を責めているような感情に浸りがちです。

亡くなった愛犬が、幸せだったことや、喜んでいた事を伝えて自責の念を取って心を軽くしてあげる事が大事です。決して、犬が後悔しているような表現はしないこと。

 

以上が、病死を具体例にあげたペットロス仲間を救う言葉事例です。

 

変死や事故死の場合も、基本的にこのように三段階に分けてじっくりと悩みをききだして心を軽くしていきます。

 

一番気をつけて欲しい事は、ポイントを押さえつつも、作業のようにならないことです。

言葉とは、一言で人を救うこともできれば、一言が原因で命を奪う事にもつながります。

優しい言葉であれば、多少足りなくても温かみと思いやりが通じるものです。

 

 

 

Top