ペットロス|ラブラドールを亡くした方の悲しみの心を救った言葉。

カテゴリー/ ペットロス |投稿者/ ワンコメイト
2018年10月30日

 

ペットロス相談を始めたきっかけ


私が画家をやりながら、ペットロス相談を始めたきっかけは、犬の画家という職業柄、ペットを亡くした方から相談メールを沢山いただくようになったからです。

 

こんなにも沢山の方がペットロスで苦しんでいるのならば、相談によって救われた方のケースを、本人の許可をもらってブログで公開しようと考えました。

 

これによって、同じようなケースの悩みを持つ方のペットロス改善のヒントになるのではないかと思ったからです。

 

なるべく一人ひとりの悩みに答えたいと思っているのですが、一人で対応しているため頂いた悩みに直接返信できないこともあります。

 

しかし、

 

届いたメールはすべて目を通していますので、

 

ペットロスでお困りの方は、ワンコメイトまでご連絡ください。

 

さて、今回は、最愛のラブラドールレトリバーを亡くした方からの相談をもとに、どのような言葉でペットロスを救うことにつながったのかを記事にします。同じようにラブラドールのペットロスで悩んでいる方の心に響けば幸いです。

 

ラブラドールを亡くした飼い主を救った言葉


私のお客様で、ラブラドールレトリバーを溺愛している女性の方がいました。

 

あまりの可愛がりように私はとても心配していました。

というのも、

もうすでに老齢であることと、レトリバーに多い病気、「ガン」をすでに患っていたからでした。

数日後、ラブは息をひきとり、亡くなってしまいました。

案の定、彼女は激しいペットロスへとなってしまったのです。

しばらく連絡が取れなかったのですが、ある日、メールで

「後悔しかない」

「生きる意味がない」

 

と届いたから私は驚きました!

 

これはかなり思い詰めていると感じ、次のように言葉を送りました。

 

 

〇〇さまへ

 

最愛のラブの〇〇ちゃんを亡くされ、さぞお辛い事でしょう。

いつも、〇〇ちゃんの素敵なところを私に教えてくれましたよね?

 

落ち込んだ時、そっとそばに寄り添ってくれたこと。

 

留守番が長くなってもおとなしく待てること。

 

ドッグランで周りの犬達と仲良くできること。

 

頭がよく、しつけもすぐに覚えたこと。

 

あなたにとって、〇〇ちゃんが最高の家族だったことが伺えます。

「後悔しかない」

とおっしゃいますが、

一体、どのようなところが後悔だったのでしょうか?

〇〇ちゃんとの過去を小さいころから振り返ってみてください。

ずっとずっと小さかったころから思い出してみてください。

アルバムを見るのもいいでしょう。

とにかく思い出してみてください。

 

 

どうでしょうか?

 

 

思い出した沢山の思い出の中に、辛い思い出がありましたでしょうか?

もしも、辛い思い出があったとしても、それはきっと、

あなた自身が辛かった思い出ではないでしょうか?

人は、知らないうちに自分で自分を責めてしまう生き物です。

後悔とは、

そういった自分自身がつくりあげた苦しみの一つにすぎません。

 

今度は、〇〇ちゃんの立場にたって考えてみましょう。

〇〇ちゃんが、あなたとの思い出を過去まで振り返った時、

なにか後悔の気持ちを持っているでしょうか?

答えはノーです。

犬にも感情があることはご存知のことと思います。

しかし、

犬が人を恨まない生き物だということをご存知でしたでしょうか?

時に、人に危害を加える犬も存在しますが、

多くは環境や、間違ったしつけによってそうなるだけであって、

基本、犬とは愛情にあふれた素直な生き物なのです。

ご主人様からの愛を受ければ受けるほど、

愛にあふれた存在になっていくのです。

あなたに愛され続けた〇〇ちゃんが、

後悔をしているとはとても思えません。

きっと、いままでありがとうと言って虹の橋へと向かったのではないでしょうか?

最愛の〇〇ちゃんが、後悔をしていないのに、

あなたがいつまでも後悔をしているとなると、

〇〇ちゃんはどうおもうでしょうか?

 

「後悔してくれてうれしいな。」

 

などと言うでしょうか。

きっと、

 

「どうして笑顔で送ってくれないの?」

 

と淋しそうに思っているんではないでしょうか。

今はまだ悲しみがいえないことと思います。

愛情が強かった分、悲しみが続くのは当然の事です。

しかし、

いつまでもその状態が続くことで、

天国の〇〇ちゃんが、悲しんでいる事を忘れないでください。

少しづつで大丈夫ですから、、、

少しづつ笑顔を取り戻してください。

 

 

すなお

 

 

このかたはしばらく落ち込んでいましたが、数か月たったのち、ペットロスを克服することができました。自分の言葉が効いたなどと傲慢な気持ちはさらさらありませんが、とにかく愛をこめて答えたためか、彼女は、メールの意図をくんで、自分が後悔していることに後悔を感じ始めたのだそうです。

「まだ悲しいけどあの時はありがとう」

と返事をもらった時はとてもほっとしました。

 

Top