お留守番の困り事を細かく分析して、問題解決に繋げる方法を大公開!

カテゴリー/ 犬のしつけについて |投稿者/ ワンコメイト
2018年11月05日

愛犬の留守番対策をひとまとめに考えている方は多いと思います。

しかし、

一言で留守番といっても、ちょっと買い物して帰ってくる位の短い留守番から、

仕事に出掛けて帰ってくるまでの長い留守番と様々なパターンがあります。

それぞれのパターンに合わせた留守番の対策を取ることで、飼い主も愛犬もより快適な関係を保つことができるのです。

例えば、短い時間だからと油断していたら、思わぬ物を誤食してしまったとか、

長時間の留守番では、トイレの困り事がよく発生します。

このように、留守番の時間によって問題も変わるので、対策と傾向もそれに合わせて変える必要があります。

それでは、留守番の時間別傾向と対策を見ていく前に、留守番の前後の快適技を紹介します。

 

留守番前にする事


 

・愛犬がおやつに夢中な間に出かける

短い時間の間なら、コングなどの隙間におやつを挟んだおもちゃを与えて夢中にさせてから出掛けます。

飼い主が出掛けた不安を感じにくくなり効果的です。

 

・散歩や遊びを行う

留守中にいたずらをするのは元気が有り余っている状態だからです。

事前に散歩したり、室内でもボール遊びなどして愛犬に満足してもらいましょう。

 

留守番後にする事


・帰宅直後はあえて愛犬をかまわない

何度も繰り返し言っていることですが、何度も言うのはそれほど大事だからです。

帰宅直後に愛犬をかまうと、愛犬は飼い主の帰宅を待ち遠しく思うようになり、余計に留守番を寂しく思ってしまいます。

また、

嬉しくて興奮した状態の犬にかまうと、吠えや興奮状態が習慣化してしまう恐れがあります。

 

・落ち着いてからかまうようにする

帰宅して愛犬が落ち着きを取り戻したタイミングを見計らって穏やかに愛犬とスキンシップをとりましょう。

これも学習の1つで、犬はこのとき、落ち着いたら良いことが起きた!と思うので、次回からも静かにするように行動をとるのです。

 

 

一時間ほどの短い留守番について


少しの時間だからと油断していたら、犬にとっては危険なチョコレートを口にしてしまったなどトラブルはよく起こります。

では、どのようにして出掛ければよいのか?

おすすめは、クレートに入った状態で出かけることです。

クレートは、犬にとって心落ち着く場所の1つです。普段からクレートトレーニングを行い、必要なときはクレートに入ってもらえるように備えておきましょう。

クレートに入ることで、気付かれずに外出もしやすくなりますし、なにより誤飲誤食、脱走を防ぐことができます。

※無理矢理クレートに入れるのはやめましょう。

必ずフードなどでクレートに慣らしてからクレート留守番を行ってください。

 

 

八時間ほどの留守番の対策


毎日仕事に出掛け、留守番になれている犬ならばそれほど困り事は無いようですが、問題なのは普段誰かが家にいて、人がいない時間に慣れていない犬の長時間の留守番です。

不安などから落ち着かずにいたずらや粗相をしがちです。

そんな愛犬のためにおすすめな留守番対策は、

トイレつきクレートスタイルです。

クレートの中は寝床なので、愛犬はクレートの中ではトイレをしません。

犬に限らず、誰でも自分の身の回りはきれいな方が気持ちいいですよね。

長時間の留守番で、1回はトイレにいくだろうと思われますので、クレートとケージをくっつけてまるで一戸建てのようにします。

こうすることで、愛犬はトイレの時はクレートからケージに移ってトイレを行うことができます。

また、

飲み水の確保が必要となりますので、

クレートに給水器を取り付けておくのをお忘れなく。

 

 

八時間以上の留守番の対策


普段、犬は留守番の間を寝て過ごすことが多いようです。しかし、超ロングな留守番の場合、起きている時間も発生します。

ですので、超ロングな留守番の場合は、いかに退屈せずに、しかも清潔な環境で過ごせるかが鍵となってきます。

おすすめは、柵つきフリースタイルです。

起きている時間も考慮して少し広めの空間を確保するために柵を使って部屋を区切ります。

柵つきの空間を作ることによって、危険なところには入れないようになり安全を確保することができます。

トイレは少し広めにとるか、もしくは複数用意しておくと安心です。

落ち着ける場所も必要なので、クレートも空間内に用意しておきましょう。

おまけ


 

・留守番に便利なおるすばんフィーダー

ある一定の時間になるとふたがパカッとあいてご飯が出てくる容器が売っています。

2食分入れられるのもあり、より長時間の留守番をかのうとしてくれる優れものです。

 

・犬の幼稚園を活用する

共働きなどで飼い主が長時間家をあける家庭に対して、託児所のように犬を預けられる犬の幼稚園や保育園が増えています。

他の犬と触れあったり、社会科のトレーニング等も行われているところもあり、うまく活用することでしつけのお勉強にも繋がります。

以上、留守番についての傾向と対策でした。

 

 

Top