ペット可能物件の選択肢をいくつか紹介致します。

カテゴリー/ ペットと住宅 |投稿者/ ワンコメイト
2018年09月08日

前回、ペット可集合住宅の詳しい説明をさせていただきました。

この物件は数が多いので非常に探しやすくてお手頃です。

今回は、その他にもあるペットと暮らせる物件についてお話していきたいと思います。

 

 

ペット共生型物件


充実した設備で愛犬と快適に暮らせる物件。

ペット共生型物件とは、

ペットと暮らすことを前提に作られた住まいの事を言います。

賃貸も分譲もありますが、ペット可集合住宅との違いは、ほとんどの入居者が犬や猫と一緒に住んでいるところです。

その分、周りの住人への配慮の面ではペット可能集合住宅よりも気楽といえます。

設備や仕様は物件によって異なりますが、ペット対応の床や、クロスを使用し、コンセントの位置が工夫されているなど、部屋の中はペットの健康や安全に配慮した作りとなっています。

室内換気扇や脱臭機、消臭素材のある壁など、飼い主に対する配慮も考えられています。

共用部には、リードフック、うんちダスト、トリミングルーム、シャンプールームなどの設備が充実。

動物病院を併設しているマンションもあり、犬と住むには安心で快適な環境と言えます。

 

ペット共生型物件のメリット


まず、これまでにのべたような設備がとても充実していることです。

そして、ペットと同居が前提のために気兼ねすることなくすめるところが何よりのメリットです。

 

ペット共生型物件のデメリット


まだまだこの物件は数が少ないのがデメリットです。

また、とうぜんのことながら、これだけの設備や配慮が充実している以上、ペット可集合住宅よりも賃料が割高になるのは否めません。

 

 

ペット可一軒家


庭付きの一軒家でのびのびと犬を飼うのは理想のことと思います。

しかし、

ペット飼育オッケーの借家は比較的築年数の古い家が多く、大半は外飼いのみのケースのようです。

たとえ室内が大丈夫の場合でも、それこそ築年数が古く、様々なトラブルなどがある場合があるのでしっかりと見極める必要があるようです。

一方で、近年では大手建設会社がペット同居用に設計した借家も登場しています。

設備もそれなりに調っているようですが、その分賃料が割高になります。

 

 

ペット可一軒家メリット


上下階に住民がいないため、気兼ねすることが少なくなります。

庭があるなど居住スペースが広い。

 

 

ペット可一軒家のデメリット


まず、物件数が少ないのが難点。

外飼いしか認められないケースが多い。

 

いかがでしょうか?

物件数は少ないものの、ある程度の予算があるのならばペット共生型物件や、ペット同居用の新築借家はおすすめだと思います。

快適なドッグライフが望めそうですね!

Top