ペット可能物件でなければ犬は飼えません。当然ですが。

カテゴリー/ ペットと住宅 |投稿者/ ワンコメイト
2018年08月29日

ここ最近、独り暮らしで犬を飼うをテーマに記事を紹介しています。

犬と暮らすためにはどうすればよいのか?

 

それは

 

犬と暮らせる家に住むことです(笑)

 

当然の事ですが、今お住まいのあなたの物件が、ペット不可ならば引っ越しをしなければならないので大きな問題と言えます。

独り暮らしとなると、大半の人が賃貸物件に住んでいることでしょう。

まさか一軒家を若いうちから購入した何て事はよほどの事がないかぎり無いわけでして。

犬を飼うにはペット可物件に住むことが大前提となります。

 

 

選択肢が増えたペット可物件


一般的なペット可能賃貸物件は、敷金がプラス一ヶ月かかり、家賃も高めに設定されています。

しかし、最近は犬と暮らしたいと言う方が増えたために、ペット可能物件の割合も増加しています。

選択肢が増えてきていることはとてもありがたいことですね。

 

 

職場の近くのペット可能物件


仕事と犬を飼う事の両立の中に、職場の近くに住むことが望ましいとありましたが、その望ましい住居も、当然ペット可能賃貸物件であることが前提となります。

例えば、地震や落雷があったときなど、飼い主がいないとどこにも逃げられない犬は取り残されてしまう可能性もあるのです。

それだけに、通勤時間が短いと言うのは安心の要素が大きいのです。

今現在、ペット可能物件に住んでいたとしても、職場との距離が遠いのならば、引っ越しを考えるのもひとつですね。

 

 

周辺環境も調べておこう


ペットホテルや動物病院を調べておくことも大事ですが、

それと同じくらい散歩コースを調べておくことも重要です。

散歩は、社会化にとってとても必要なものとなります。

犬の健康やストレス発散にも欠かせません。

犬と暮らすならば、近所に最適な散歩コースがあることを調べておくことがポイントになります。

公園があるとポイントが高いです。

公園には多くの飼い主さんや他の犬との交流の場でもあります。

そのほかには、ホームセンターなどペット用品が近くで手に入ることも望ましいですね。

Top