チャウチャウの秘密を教えます。太古より存在するぬいぐるみのような犬の正体をあばく‼

カテゴリー/ 犬の伝説 |投稿者/ ワンコメイト
2018年06月11日

チャウチャウという犬をご存じでしょうか?

 

知っている方も、余り詳しくはチャウチャウの事を知らないことと思います。

まるでぬいぐるみのように可愛らしいチャウチャウの秘密を一般的な面と、隠された潜在能力とに分けて解説したいと思います。

 

チャウチャウの歴史


チャウチャウは原産国は中国で、なんと2000年以上の歴史がある犬と言われています。

番犬や猟犬として活躍していましたが、食用犬として育てられた時期がありました。

そのために、行動範囲を制限するため、後ろ足の角度を浅くし、ぎこちない歩行になるように改良されました。
運動能力が低いと太りやすくなるからです。

 

ヨーロッパに紹介されたのは18世紀後半になります。

18世紀、貿易によって中国にやって来た西洋人が、チャウチャウと名付けました。

当時の中国の最大の輸出品は生姜で、生姜の発音がにていることと、両者が共に中国を代表する食品と動物だったことが名前の由来と言われています。

また、イギリスのロンドンにてチャウチャウは動物園で展示されることになったのがきっかけで、ビクトリア女王の関心を引き、家庭犬として本格的に改良されました。

 

チャウチャウの特徴


 

まるでライオンのような開き気味の豊かな毛。

舌が青黒いのも目立った特徴の1つです。先にのべたように、後ろ足が動きにくく改良されているため、ぎこちない歩行も特徴です。

 

チャウチャウと飼育


チャウチャウは性格的に頑固な一面がある犬種です。

テレビCMの影響から人気が出て、乱交配が行われた時期がありました。
その影響で多少気の荒い気質のチャウチャウも存在します。
シベリアンハスキーの時もそうでしたが、日本のペット事情は流行に流されやすいところがあります。メディアに踊らされずに自分にあった犬を迎え入れることが大切です。

 

話がそれましたが、とにかく頑固な一面があるので子犬の頃からの社会性を身につける事が大切のようです。

 

運動量が少なくてすむように改良されているため、室内でも飼える犬種です。

毛が長毛のため、夏の室温の調節、温度管理はこまめに気を配る必要があります。

 

ここまでは、チャウチャウの一般的な解説です。ここからは隠された個性や神秘的な働きを解説します。チャウチャウを飼うと次のような良いことが起こると言われています。※動物の伝説より抜粋。

 

チャウチャウの伝説


高貴な人との出会いを頻繁に結んでくれる。

物怖じせず

社交術を勉強していけば、

この犬の特性を

ものにすることができる。

飼い始めて3年ぐらいで

人との出会いが変わってくる。

 

犬と共に過ごすと顔が似てくることがありますが、似てくるのは姿形だけではありません。

その犬の持つ個性の良いところも影響を受けるのです。

 

チャウチャウには2000年の長い歴史があります。

 

その長い歴史の時を生きるなかで、物怖じしないマイペースな性格が出来上がっていったのでしょうね。

 

そんなチャウチャウだからこそ、ビクトリア女王に気に入られたのでしょう。

あなたが、このチャウチャウの個性を手にしたならば、きっとビクトリア女王のような高貴な人に出会っても悠然と構えて対応し、ますます気に入られて次々と高貴なご縁を結んでいく事になるのではないでしょうか。

Top