犬がトラブル回避のためにとるしぐさとは?

カテゴリー/ 犬の心理学 |投稿者/ ワンコメイト
2018年05月04日

皆さん、犬のこういった行動を目にしたことがありませんか?

 

前脚を上げて上下に動かすしぐさ。

 

 

よく見かける犬のこういった行動の意味は、不安やストレスを感じたときに自分自信を落ち着かせるために行われると言われています。

 

このしぐさは、ノルウェーのトリウッド・ルーガスさんが発見したもので、

 

「カーミングシグナル」

 

と呼ばれています。

 

 

例えば、人間の例で例えると、勉強がはかどらないときにイライラして頭をかきむしったりしますが、ああいう無意識の行動と同じようなものと考えられています。

 

 

カーミングシグナルを犬が行っているときは、他の犬や、飼い主との間で起きる無益なトラブルを避けたい気持ちが表れています。

 

 

簡単に言えば、緊張しているわけですね!

 

 

前脚を上げたポーズで、にているけど別の意味を表すしぐさもあります。

 

前脚を上げたままゆっくり首を上下に動かしたり、左右に跳び跳ねたときは「一緒に遊ぼう!」と遊びの誘いを意味します。

 

首の動きのスピードに要注意!


 

 

しっぽから読み取る犬の心理学講座でも説明したように、同じ動作でもゆっくりした動作ほど肯定的な感情表現が多く、素早い動きは落ち着きの無さを表す場合が多いです。

 

「遊ぼう!」

 

のしぐさにおいても同様で、同じしぐさでも、首の動きが速い場合は目の前の対象に恐れを抱いている意味に変わります。

 

遊んで欲しいのかと勘違いして不用意に近づこうとすれば「ガブッ!」何てことにもなりかねません。

 

見極めるポイントは首の動きのスピードになりますので、慎重に見極めましょう。

 

 

※この情報は役にたちましたでしょうか?もし、あなたの愛犬の事で何か疑問などがありましたらワンコメイトのお問い合わせから遠慮なくメール下さい。

 

皆様からのお手紙(メール)お待ちしています。

 

PS、あなたの愛犬の感動のエピソードや面白かった事などもメール下さると嬉しいです。

 

Top