家庭犬のしつけは「○○○○」と「○○○」ができれば十分!

カテゴリー/ 犬のしつけについて |投稿者/ ワンコメイト
2018年05月06日

たまにやります。○○シリーズ(笑)

 

 

しつけの種類やトレーニングは本当に沢山存在します。

 

最初に覚えるべきしつけは、なんといってもトイレでしょう。

 

トイレ以外にも色々なトレーニング方法が存在するので、どれをどうしつけようか?と飼い主が頭を悩ませると、しつけの情報難民となってしまいます。

 

子犬にあれこれ詰め込もうとすることで、しつけに一貫性がなくなり、子犬も混乱して嫌になってしまいます。

 

結果、いつまでも信頼関係が築けない悪循環となるのです。

 

色々試したいことでしょうが、ここはまず的をしぼって一番大事な2つのしつけを覚えさせましょう。

 

 

こんなに凄い!「おすわり」効果。


 

 

○○の最初の答えは、ズバリ「おすわり!」です。

 

犬のしつけで誰もが耳にしたことのある言葉、「おすわり」。

 

実は、この「おすわり」を覚えるだけで、ぐっと飼い主と愛犬の信頼関係が高まるのです。

 

「おすわり」には「まて」の効果も発揮します。

 

つまり、「おすわり」には犬の欲求や高ぶった感情を落ち着ける効果があるということです。

 

ご飯を食べたい気持ちを押さえて「おすわり」ができる。

 

散歩前にはしゃぐ気持ちを押さえて「おすわり」ができる。

 

 

このように、犬の欲求を落ち着かせる事ができるようになれば、犬はあなたに一目置くようになるのです。

 

 

これだけで、ずっと社会性が広がります。「おすわり」をマスターすれば、ドッグランや旅行に出掛けても、周囲に迷惑をかけない犬になれるのです。

 

 

さらに強い絆、「おいで」の効果!


 

 

「おいで」という呼び戻しのしつけは、飼い主との信頼関係が試されると言われています。

 

犬がおもちゃや食べ物に夢中になっている状態で、あなたが

 

 

「おいで!」

 

と愛犬に声をかけたときに、すぐに戻ってくるようならば、あなたはおもちゃや食べ物よりも優先して会いたい存在だということです。

 

深い絆と信頼関係ができているとも言えます。

 

逆に、

 

呼んでもそっぽを向かれたのなら、まだまだあなたと愛犬との関係はこれからのようです。

 

 

「命」を守る事ができる!


 

 

散歩中、飼い主が目を離した隙に犬が道路に飛び出すこともあります。

 

そんな時、「おいで!」の一言であなたのそばにかけよって来るならば、危険な状態から救うことに繋がるのです。

 

このように、「おすわり」と「おいで」の2つができれば家庭犬としては立派に飼い主と過ごすことができるようになります。

 

しかし、一番シンプルなしつけだからこそ、深い中身が問われるようです。

 

あれこれあるしつけに迷わずに、まずはこの2つをしっかりマスターしちゃいましょう。

 

Top