動物保護団体の活動を知っていますか?

カテゴリー/ 犬の社会問題 |投稿者/ ワンコメイト
2018年04月10日

最近こそ身近になってきた言葉、

 

「保護犬」

 

本来なら保護犬が存在しない社会が望ましいのですが、残念ながら毎日沢山の犬が殺処分されているのが現状です。

 

動物保護団体の活動は、そんな不幸なワンちゃんをレスキューするところから始まります。

 

レスキューという言葉は、人命救助でも使われますが、その単語が示すように、危機的状況にある犬を救うことから保護活動は始まります。

 

保健所からの引き取りであったり、繁殖させ過ぎたブリーダーの犬を引き取ったりと、様々な形で不幸な命になる前の犬をレスキューします。

 

保護活動はレスキューだけでは終わりません。

 

レスキュー直後の犬達は健康面や衛生面でひどい状態の場合が多いので、保護団体は健康診断やシャンプー等を行います。

 

最終的には新しい里親を探してうまくマッチングすれば保護犬は新しい犬生をスタートすることになります。

 

簡単に保護団体の活動を説明しましたが、この他にももっと色々な手間がかかわってきます。

 

なんといっても保護にはお金がかかるのです

 

ワクチン接種、身体検査、避妊、去勢手術、狂犬病予防接種、

 

その他にも日常的な食費やトイレシーツなどの消耗品がいります。

 

通院が必要な犬の場合、治療費もかかってきますので、保護団体は常に皆様の温かい寄付を必要としています。

 

沢山の思いやりのある方達の運営によって成り立っているのが動物保護活動ということがお分かり頂けた事かと思います。

 

芸能界でも、杉本彩さんが動物愛護活動を推進してくださってます。

浅田美代子さんが繁殖業者の規制を環境省に要望したニュースもありましたね。

 

社会的に認知度が高い方がこういった動物の社会問題解決に向けて発信することは素晴らしいことだと思います。

 

アメリカに、種を蒔けば自分の時に気が育たなくても、子や孫のために日陰を作る気を残すことができる、ということわざがあります。

 

私たちがすぐに犬と人との幸せな共存を実現できなかったとしても、確実に未来には結果が残せるように私達は小さな種を植える必要があると思います。

 

私のできることは本当に小さなことかもしれません。しかし、犬の画家として1枚でも多く幸せな犬の絵を描き、その絵を見た人が犬をもっと大切にしようと思っていただけるように継続して描き続けたいと思います。

 

Top