banner

ワンコメイトへようこそ

素晴らしき犬たちと一緒に理想の社会を築いていきませんか?

 
 

ワンコメイトとは?

ワンコメイトとは

ワンコメイトでは『犬と人との幸せな共存』

をテーマに、飼い方、しつけ方、感動話など、愛犬家にとって為になる情報を発信していくサイトです。

面白い話を交えながらも、犬の殺処分やペットロスなど、犬の抱える社会問題も積極的に伝えていきます。

 

愛犬家の皆様、はじめまして

私は埼玉在住の 犬の画家 すなお といいます。

犬専門の画家になった経緯はプロフィールに詳しく掲載していますのでそちらをご覧いただければと思います。

>>犬の画家すなおのプロフィール

 

犬の画家として学んだこと

犬の画家として学んだこと

犬専門の画家として日々活動する中で、たくさんの愛犬家の方とお会いする機会が増え、その出会いの中で、真剣に『犬と人との幸せな共存』を考えている方とお話することができました。

絵の依頼者の紹介で、獣医さんや、保護犬の里親探しのボランティアの方々、保健所で働く方と出会い、貴重なお話を聞くことができました。

彼らに出会うまでは、犬の社会的にきれいな部分しか知識がなかったのですが、詳しく話を聞く中で、様々な犬の社会問題が存在する事を学びました。

例えば、犬の殺処分、飼育放棄、虐待、捨て犬など多くの社会問題を学びました。

そのほかにも、愛犬を失った方からの依頼でペットロスの深刻な問題を知りました。

 

犬の画家としてできること!

犬の画家としてできること!

海外の動物愛護活動家でもありアーティストでもあるマクダネル氏は、保護犬の現状を分かりやすく漫画にすることで『犬と人との共存』を訴えかけています。

彼の願いは、作品を読んだ人が地域の保護犬のことを思いやるようになり、犬を新しい家族として迎え入れてもらうように意識を変える事だそうです。

他のアーティストで、殺処分前の犬の悲しい表情を描き続けることで殺処分問題を訴えかけているマーク、バローネという画家もいます。

この方も、絵という媒体を通して『犬と人との共存』の正しい在り方を訴えています。

このような活動をしている絵描きの存在に私は非常に衝撃を受けました!

犬の社会問題がたくさん存在する事がわかっても、どうする事もできないと思っていたのですが、それは思い込みであり、違っていました。

 

絵には人の心を動かす力がある!

絵には人の心を動かす力がある!

自分自身、それは何となく実感していることでした。

ペットロスで悲しんでいる方から、私の絵を見て救われたと言われる事が多くあったからです。

絵を通して前向きな気持ちになった等と感想をいただくたびに、絵とは不思議なものだと思ったものです。

そこで、犬の画家として、すなおができることは何かないかと自分なりに考えました。

考えた末の結論は、

家庭で愛されて過ごしている犬の絵を描き続け、みんなに見てもらうことで、改めて犬と人との絆を伝える事でした。

社会問題を絵にするのではなく、あえて幸せな犬達を描くことで、絵を見てくださった方達に犬の持つ愛らしさや、すばらしさを伝えることができるのではないかと思ったからです。

これが、私なりの『犬と人との共存』の考え方です。

Top